時事・経済・ビジネス・ゲームなどの話題を深堀りするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

税金の源泉徴収は国にただで金を貸すようなものだ

 私は投資家として毎年確定申告するから分かるのだが、課税においてサラリーマンは自営業者に比べて不利な扱いを受けている。
 サラリーマンの給与所得にかかる税金は月ごとに源泉徴収され、12月に年末調整されていくらか帰ってくる。そして確定申告はたいていの人は行わない。
 自営業者はこれとは別で、事業所得にかかる税金は、3月に確定申告書を提出した後4月に一括払いである。


 サラリーマンの所得税は本来、年に一度に一括払いすべきものを各月に前もって徴収されている。このことから、サラリーマンは11か月分の税金を前払いしていることになる。11か月分を先に国に貸しているわけなのに、この分の利子は全く考慮されていない。これはつまり国にただで金を貸しているのである。


 11か月分の税金分の資金を、金融商品を購入したり、預金するなどすれば利子がつくのは当然である。
 私は源泉徴収された税金には少なくとも短期国債程度の利子は付けるべきだと思う。


 これを可能にするには、年末調整まで資金を遊ばせておいたりせず、それまでの期間に税金分の資金を短期国債の購入に充てるという枠組みを作ればよいのである。
 国は国債を消化でき、サラリーマン納税者は利子を受け取れる。WINWINの関係ではないか。

コメントの投稿












管理者にだけ閲覧を許可する

トラックバック

利子---辞典

利子利子貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。りしと読む。本稿で詳述。日本の女性の人名|名の一つ。としこまたはりこと読む。:「利」という漢字の左半分は稲、右半分は刃物を指すとされ、そこから利益や、切れ味の良いこと・鋭いことを指すようになっ 金融辞典【2007/04/07 23:22】
|  ホーム  |

スポンサード リンク

サーチボックス

Google
Web ブログ内検索
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

zero
  • Author:zero
  • 日々物事を観察してます
  • 発見を日常生活を豊にするかも?ね
  • RSS
  • 最近のコメント

    リンクフリー

  • ゼロの境地はリンクフリーです。トップページ・各記事へのリンクどちらでも結構です。連絡は不要ですのでどんどんリンクしてください。
  • 最新ゲーム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。