時事・経済・ビジネス・ゲームなどの話題を深堀りするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

民主党は一体何がやりたいのか

 私は無党派層なので確たる民主党支持者でも何でもないが、野党第一党の民主党がしっかりしないと国会が形骸化するので苦言を言わせてもらう。


 民主党は一体何をやりたいかが分からない。
 選挙に大敗して今やるべきことは、大敗した総括と足元固めであることは誰もが認めることだろう。

 
 自民党が経済界・業界団体・自営業者・高齢者のための政党であるのに対して、民主党は労働者ための政党であるかに見える。しかし、実際は労働者層の受け皿になり得ていない。この現状を熟慮し検証すべきなのだ。


 前原新代表は労組との関係について「(意見が)合わなかったら、その点については決別する、たもとを分かつぐらいの決意が必要だと思う」と発言した。これは長年思ってきた本音であろうが、この発言は民主党にとってマイナスにしかなるまい。民主党にとって最大の支持団体である労組を挑発して一体何の得になるだろうか。「意見が違うときは労組を粘り強く説得する」ぐらいにとどめるべきだったのだ。


 また、民主党は公務員を悪者に仕立てて国民全体の支持を得たいと考えている節がある。この手法は小泉総理と同じ手法である。悪者を仕立ててそれを威勢良く切り捨てることで劇場型の政治を行い支持を得る。こんな与党と同じことをやっていて、民主党に与党以上の支持が集まるとは到底思えない。


 民主党は言葉に気をつけるべきなのだ。「公務員の3割削減」ではなく、「公共事業の3割削減」と言うべきなのだ。やることは同じでも、労働者の政党なら"首切り"のイメージに直結するような言葉は使うべきではない。これなら改革と言いつつ改革を遅らす自民党の方が頼もしく思われるに違いない。


 「政権を取れる政党に」多くの民主党議員が口にする言葉である。しかし今は、取れない政権の幻想を追いかけるのではなく、なぜ前々回の選挙の支持者が逃げていってしまったのか、その原因を考え、呼び戻す方策を考えることが必要なのではないか。民主党がどの層を対象にした政党なのか明確にすべきなのである。


 それなのに今民主党のやっていることは、数少ない持ち前の支持層を遠ざけることをしているようにしか思えない。
 いつ取れるか分からない政権後の皮算用をやりつつ党内分裂を煽るようなことをやっていては、今後さらなる議席縮小は避けられないだろう。
スポンサーサイト

反知性主義の足音

 郵政民営化に賛成か否かのワンフレーズ選挙の大勝利となり、与党が大幅に議席を伸ばした。
 郵政だけでなく他の政策を訴えた野党とは違って、郵政だけという与党のたいへん分かりやすい政策が多くの支持を得たということなんだろう。


 この状況には大きな不安を感じる。個人的には与党と野党が拮抗している状態が健全な姿だと思う。与野党が拮抗していれば、それぞれの政策の優位性を主張し議論を戦わせ世論に訴える姿勢になる。郵政民営化法案が参院で否決される直前のようにである。しかし、政治勢力が一方に偏れば、議席数にものを言わせ、そのような姿勢が失われてしまう。


 今回の選挙結果からは反知性主義の足音を感じないではいられない。難しいことは抜きにして極めて単純化した分かりやすい政策を訴えた方に圧倒的な支持が集まり、独自の政策を粘り強く訴えた方は倦厭され見向きもされない。
 こんなことが今後続いていくといくすれば、多くの人が深く考えることなく政権を選択し、ワンフレーズな政策が今後ますます横行することになるだろう。そうなれば反論に目を向ける姿勢が社会から次第に消えていってしまうのではないだろうか。


 与党はワンフレーズ政策を発表する。議論は深まらず国会日程を消化し、イエスかノーかでなんなく国会を通過する。国民はそのことに何の疑問も感じないし関心も持たない。視聴率がとれないのでメディアも追求しない。メディアがとり上げないので国民はますます関心を持たないの堂々めぐり。そして世論を二分するような重要法案がいつのまにか議決されていた。


 こんな状態になるのを大いに危惧している。

こんなの株主優待じゃない

 ライブドアからまた「日経ビジネス」の宣伝パンフと試読申し込み用紙が届いた。これでもう4回目くらいか。もういいっちゅうねん。
 と言いつつ広告送付の停止手続きをとらない私。もっとかわった物が送られてこないかな。何か送られてくるとけっこうワクワクするもんだ。ほとんど開けたらガックリするけど。

【2005/09/09 11:30】 投資 | トラックバック(0) | コメント(0) |

各政党について考えてみた

 日頃誰も指摘しない視点から各政党について述べてみたい。


A党:業界団体・自営業者・高齢者のための政党。支持団体の利益追及のみを考え、税金をできるだけ自分の支持母体に流すのを党是としてきた。しかし、選挙でそんなことは言えないから、"国民のため"というフレーズを意味もなく連呼し、政策を語らない。今回はたまたま郵政について語っている。


B党:烏合の衆。強力な選挙基盤や支持母体をもたない者はここから立候補する。目指す政策の統一性はない。野党議員が大勢集まっているだけだが、A党にいても違和感のない議員がほとんどである。考えが右派すぎてA党にもいられない議員も一部に存在する。


C党:コバンザメ政党。A党にくっついて甘い汁を吸う。特にやりたい政策がないので与党にいる方が断然有利。S学会と同様、福祉・教育・女性のイメージを大切にし、支持者に"何かいいことをやっているな"と思わせることだけに奔走する。思わせるだけで、政策理念・方向性が全くない。


D党:言っていることは一番説得力がある。しかし、歴史的に見ると、共産主義国家は中央集権体制が主であった。そこで目指すところは国民全員が公務員になることではないのか?だから、郵政民営化に反対なのではないか?という疑念がどうしてもできてしまう。経済に目を背ける政党でもある。


E党:憲法以外は思考停止状態だった政党。過去形なのは今回の選挙ではいくらかましだから。毎回選挙では、野党なのにC党と同じようなイメージ戦略で選挙戦をやってきた。政策をアピールする機会を自ら減らし、議席もまた減らしてきた。今回は背水の陣で危機感をあらわにしているが、今さら遅い。人材不足で政策立案能力なし。消え去る運命か。


 各党について辛口に述べてみた。
 私は無党派層だが選挙には必ず行くつもりだ。立候補者のリップサービスに騙されずに消去法で選んで投票したいと思う。

|  ホーム  |

スポンサード リンク

サーチボックス

Google
Web ブログ内検索
08 | 2005/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

zero
  • Author:zero
  • 日々物事を観察してます
  • 発見を日常生活を豊にするかも?ね
  • RSS
  • 最近のコメント

    リンクフリー

  • ゼロの境地はリンクフリーです。トップページ・各記事へのリンクどちらでも結構です。連絡は不要ですのでどんどんリンクしてください。
  • 最新ゲーム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。